BFV 新要素『練習場』の概要

Category: BFV, Game, PCゲーム | Date: 2018年12月5日 | Author: Gappuri4th |

12/05に行われたアップデートで練習場が追加されました.ここでは、射撃練習や兵器の操作練習をすることができます.


練習場は出撃→練習場からアクセス.フレンドを分隊に招待すれば複数人で入ることもできます.

練習場に入ると、HAMADAのコンクエストEF拠点間あたりでスポーンします.そのまま前へ行くと射撃トライアル、左へ行くと操車トライアル、右へ行くとオープンレンジへ行くことができます.

射撃トライアル

ここでは、指示に従ってターゲットを破壊し、制限時間内にハイスコアを目指すトライアルができます.
ターゲットを胴撃ちで倒すとスコア+1、ヘッドショットで倒すとスコア+6と制限時間+5となるようです.

現状だと制限時間が簡単に回復してしまい、制限時間切れまでやろうとすると永久に終わらないので注意.

操車トライアル

操車トライアルでは輸送車両のキューベルワーゲンでマップに配置されたターゲットをロードキルし、制限時間内にハイスコアを目指すトライアルができます.

オープンレンジ

オープンレンジでは航空機、地上兵器、射撃エクササイズ、射撃訓練が行えます.
航空機はスピットファイアまたはシュトゥーカで操作練習ができます.
航空機に乗るとランダムに動く航空機が何機かスポーンします.

地上兵器はチャーチルMK VIIとキューベルワーゲンで操作練習ができます.地上兵器から見て左の方へ行くとハリボテの兵士ターゲットと戦車ターゲットがあるのでこれらに対して射撃練習ができます.

射撃エクササイズはエイム訓練とアングル訓練の2種類があります.どちらも近くにある武器置き場から武器の変更はできますが専門技能は何もついていない状態で変更不可のようです.
エイム訓練は丸いターゲットを壊していく訓練です.AimboosterのFPS版というとわかりやすいかもしれません.


アングル訓練は360度のどこかから出てくるターゲットを破壊していく訓練です.

射撃訓練は単純に一つのターゲットに対して射撃ができる訓練です.ターゲットに射撃を当てると頭に当てた回数と胴に当てた回数が表示されます.スイッチを押すと100mまでターゲットを遠ざけることができます.

こちらも武器の変更はできますが専門技能は何もついていない状態で変更不可のようです.

小ネタ

オープンレンジに入って左側に行くと、フレンドリーファイアをONにできるスイッチがあります.複数人で練習場に入ったときにフレンドリーファイアをONにすればちょっとした撃ち合いの練習ができそうです.

所感

現在の練習場は操作に慣れるための場所という感じが強く、BF4の演習場のようにエイム練習やリコイルコントロール練習に使うには難しいかなという印象を受けました.このあたりはこれからのアップデートでの機能追加に期待です.とりあえず専門技能のカスタムや操作できる兵器が変更可能にならないと練習も何もないので、そのあたりから早めに改善してほしいですね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)