APEX LEGENDS アップデート情報 武器調整とレジェンド調整の予定(2019/03/07)

Category: APEX, Game | Date: 2019年3月7日 | Author: Gappuri4th |

Apex Legendsのアップデートが本日実装されます.
以下アップデート情報の詳細.
ソース:Live Balance Update live on all platforms – let’s talk about meta


目次

武器調整

・ウイングマン
発射レートを3.1発/秒から2.6発/秒に減少.
スカルピアサーのヘッドショット倍率を2.5から2.25に減少.
腰だめでの拡散を増加、拡散減少の速度を減少.

・ピースキーパー
ボルトの発射レート増加率を減少.
レベル1:10% → 7.5%
レベル2:20% → 13%
レベル3:25% → 16%

・ウイングマンとピースキーパーのドロップ率を減少.

・エナジー系の武器と弾のドロップ率を増加.

なぜP2020とモザンビークを強化しないのか?

・Respawnがモザンビーク=弱いのmemeが好きだから.
・頻繁に落ちているが弱い武器と、強いがレアな武器が存在する「パワーカーブ」を持たせたいから.一部の武器はアタッチメントが揃うまでは弱くなるようにしている.パワーカーブの下の方の武器は序盤で格闘よりは強い武器として活躍する.プレイヤーからこれらのピストルをより楽しいものにするフェードバックをいくつか受け取り、データやフェードバックから内々でテストはしているが、今のところは変更を加えない.

その他の調整

エラーを引き起こしていたスクリプトエラーを修正.
・コースティックのUlt
・パスファインダーの調査ビーコン
・アタッチメントを外したとき
・ジブラルタルのガンシールド
・観戦モード

レジェンド間のバランスとヒットボックス調整について

キャラクターのバランス調整は、キャラのピック率、勝率、他キャラクターとの戦闘での勝率、プレイヤーからのフィードバックを考慮する.5人の小さいキャラクターと中背のキャラクターのバランスは比較的等しいものだった.しかし、大きなキャラクターは弱く、その大きさが影響しているようだった.Respawnはモデルによく合うように大きなキャラクターのヒットボックスを調整することを予定している.これらの変更が不十分であれば、ダメージ減少、スキルの微調整のような他の変更を行うことも考えている.これらの変更は大きなものであるため、製品版に実装をする前に十分なテストを行いたい.以下は大きなキャラクターにどのような調整を行うかのロードマップの概要だ.
全体的に、小さなキャラクターを弱体化する前に、大きなキャラクターのパワーレベルを向上させようとしている.

SEASON1開始時に行うレジェンド調整

レジェンドに関する調整は今回のアップデートには含まれませんが、SEASON1の開始時にアップデートを行う予定のようです.

・ジブラルタル、コースティック、パスファインダーのヒットボックスの縮小.
ヒットボックスをキャラクターの装備とモデルに合うように調整.
不十分そうならばSEASON1の間に追加の調整を行う予定.

・コースティック
スキルのクールダウンを30秒から25秒に減少.
発動半径と効果半径を10%増加.
毒ダメージを与えるまでの1秒間の遅延を削除.

・パスファインダー
調査ビーコンの出現数を10から12に増加.

・ライフライン
Ultでのレベル4のアーマーとヘルメットのドロップを削除

・レイス
スキルのクールダウンを20秒から25秒に増加.

・バンガロール
撃たれたときの移動速度増加率を40%から30%に減少.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)