黒い砂漠 釣り潜在力での釣り時間比較

Category: Game, 黒い砂漠 | Date: 2019年8月12日 | Author: Gappuri4th |

金色マスの釣りイベで暇だったので釣り潜在力での釣り時間の比較をしてみました.

場所はテルミアンウォーターパークの海岸で行いました.理由は単純に動くのが面倒だったのと,釣り人が大量にいるので漁場資源が最低に振り切れて安定していそうだったためです.
時間の計測方法は竿を投げてから(スペースを押してから)「何かかかりました…」と表示され魚が釣れるようになるまでの時間としています.
釣り潜在力はとりあえず3から5のときまで計測しました(ギルドスキル+1,銀刺繍釣り人の服+2,潜在力4以上のときおさかなウェア+1,潜在力5のときのみ料理+1).
(関係ないと思いますが)装備はバレノス釣り竿+10,カエデの浮き+5です.

試行回数は各パラメータ毎に20回です.

パラメータ 平均 中央値 最大値 最小値 標準偏差
名匠2,釣り潜在力3 73.44 70.44 98.40 54.81 13.26
名匠2,釣り潜在力4 69.26 68.53 90.84 49.59 12.49
名匠2,釣り潜在力5 62.46 65.165 83.39 44.71 11.55

累積度数分布は以下のようになりました.ガタガタなので本当は試行回数をもっと増やした方がいいとは思うのですが,だいたい分かればいいかということで妥協しました.

一応釣り潜在力が上がるごとに順当に釣り時間が減少していることがわかりますね.試行回数が少ないので何とも言えませんが,累積度数分布グラフを見ると釣り時間は一様分布っぽいのでパラメータが同じでも釣り時間は結構ばらつきます.
釣り潜在力が1変わる程度ではそれほど有意な差は出ないだろうと予測していましたが,結果を見ると4から5の場合は平均釣り時間が10%ほど早くなっていることがわかります.手動釣りでは魚がかかってから釣れるまでの時間が短く,魚がかかるまでの時間の短縮の影響が大きいので,手動釣りをする場合は釣り潜在力は5にしておきたいですね.
一方で,放置で自動釣りをするときは魚がかかるまでの時間よりも魚がかかってから釣れるまでの時間がデフォルトでは3分もあり,そちらの時間がボトルネックとなるので釣り潜在力の差はそれほど効いてこなさそうな気がします.自動釣りの場合でも釣り潜在力が高いに越したことはありませんが,例えば数億シルバーを払って高強化値の銀刺繍服を買ってもその分をペイできない可能性が高いです(もちろん,釣り金策をメインでやっていくつもりで長期的な投資とみるならば最終的にはプラスではある).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)