KovaaK’s FPS Aim Trainer おすすめシナリオ

Category: Game | Date: 2019年9月13日 | Author: Gappuri4th |

最近、aim練習のためにKovaaK’s FPS Aim Trainerを始めました.
有料ソフトですが、ユーザが自由に練習シナリオを作れて自由度が高く特定ゲームのためのシナリオなどもあるため、aim練習ソフトの中ではかなりおすすめです.
しかし、様々なシナリオがあることは大きな利点ですが、シナリオが多すぎて最初はどのシナリオを使えばいいかわからない人も多いかもしれません.
そこで、本記事では自分が見つけた良シナリオを紹介していきたいと思います.

今後他に良さそうなシナリオを見つけたら随時追加していきます.
自分も様々なシナリオを試しているわけではないので、他にお勧めなシナリオがあれば教えてほしいです.

Ascended Tacking v2


前と左右から出現する横移動するターゲットを撃ち続けて倒すという、最も一般的なトラッキングaimの練習シナリオです.
トラッキングaimを練習したいならばとりあえずこれをやっておけばいいと思います.

関連シナリオ
・Ascended Tacking v3:ターゲットの動きが若干速くなる
・Ascended Tacking 90 small:ターゲットが小さい、ターゲットの出現方向が一方向のみ

1wall6targets TE


壁に出現する6個の静止ターゲットを撃つ、基礎的なフリックaimの練習シナリオです.
関連シナリオ
・1wall6targets small:ターゲットがとても小さくなる

1wall5targets_pasu


壁に出現する5個の移動ターゲットを撃つシナリオです.ターゲットが上下左右にランダムに移動するため難易度の高い練習ができます.
このシナリオの特徴として、1キーで一発でターゲットを壊せるピストル、2キーで100発当てるとターゲットを壊せるオート銃が選択できるため、フリックの練習もトラッキングの練習もすることができます.

patTargetSwitch


複数の横移動するターゲットを撃ち続けて倒すシナリオです.Ascended Tacking系のシナリオと似ていますが、大きな違いとして弾数制限がある(一体倒すと自動補給)、ヘッドショット判定があるといった違いがあります.ターゲットの体力が低く動きも遅いため、トラッキングaimよりも次のターゲットへ狙いを切り替えるフリックaimが重視されると思います.また、ターゲットに数発当て続ける必要があるため、ストッピングも上達すると思います.
関連シナリオ
・patTargetSwitch V2:ターゲットの動きが速くなる

Tile Frenzy


大きなターゲットを次々と壊していくシナリオです.正直これはターゲットが大きすぎてフリックの練習にもならないと思いますが、素早く大雑把なaim合わせをする練習、クリックを連打しながらaimを合わせる練習、もしくはウォームアップとしては全然ありなトレーニングシナリオだと思います.
関連シナリオ
・Tile Frenzy Mini:ターゲットとの距離が遠くなる

Reflex Flick – Easy


ランダムに出現するターゲットを壊していくReflex系の基礎的なシナリオです.
関連シナリオ
Reflex Flick – Very Easy:ターゲットが消えるまでの時間が長くなる
Reflex Flick – Fair:ターゲットが小さくなる

Close Long Strafes Invincible


至近距離の移動ターゲットに撃ち続けるシナリオです.近距離でのトラッキングaimを練習できます.
関連シナリオ
・Close Fast Strafes Invincivle:ターゲットの動きのランダム性が増加
・Close Long Strafes:ターゲットに体力がつく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)