放置少女 – 上杉謙信を使わない戦役バフ構成

Category: Game, 放置少女 | Date: 2020年10月3日 | Author: Gappuri4th |

戦役で上杉謙信を使わない場合、バッファーもある程度耐久面の育成をする必要が出てきます。
この時に必要な耐久力は戦役ステージが上がるごとに厳しくなり、微課金レベルだとかなりハードルが高くなります。
そこで、バッファーが無育成でも1T目に倒されない構成を紹介します。

必要なもの
・夏侯惇
・趙公明
・耐久性のある防具1セット

戦役構成は以下の画像の順になります。
主将は被弾一回を必ず耐えられるまで耐久力を確保する必要があります。

重要なのは趙公明までの並びで、この3人でバフを掛けるまでの時間稼ぎをします。

2巡目までの動きは以下のようになります。
・1T目
主将が盾の壁発動、一発耐える
→夏侯惇が挑発、主将が倒される
→趙公明が祝福、夏侯惇が祝福で耐える
→夏侯惇が倒される

・2T目
主将枠に応援1人目が参加、ランダムに被弾
→夏侯惇枠に応援2人目が参加、ランダムに被弾
→ランダムに被弾
→ランダムに被弾

このように、1T目の敵の攻撃を完封することができるために無育成バッファーでも確定でスキルを発動することができます。
また、劉備を使わない場合、夏侯惇と趙公明の位置を交換することで2T目の敵一人目の攻撃も防ぐことができます。
(味方が少ないほど鼓舞の効果が上がるため、劉備を使う場合は鼓舞発動前までに夏侯惇が倒された方が火力が出る)

欠点としては1T目のバッファー枠がひとつ夏侯惇に取られてしまい劉備とアタッカーのスキル1にのるバフが減ってしまう点があげられます。
ただし、主将と趙公明の時点で3回分の攻撃は防げるため、5番目(画像の劉備の位置)のバッファーが攻撃一回分なら耐えられるならば夏侯惇抜きで主将→趙公明→胡喜媚or蔡文姫(影甲持ち)の構成でも問題ないです。
もしくは主将が全回復できるまで趙公明の攻撃力を上げれば夏侯惇なしでも主将が攻撃を4回受けてくれるようになります。

追記:夏侯惇を使わない構成の動画を撮影しました。

ただ、この陣営だと妲己がURなので夏侯惇がいてもいなくても火力はほとんど変わらないですね。
メリットは2Tで殲滅できなかった場合に72秒を超えづらくなるくらいです。

戦役146までならこれくらいの装備で主将はギリギリワンパンを耐えられます。
参考にどうぞ。


主将で耐久というと難しいイメージがありますが、戦役で一発耐えるくらいなら戦役同期のときだけ主力の防具の強化値を継承すればいいだけなのでそこまでハードルは高くないと思います。
少なくともバッファーをすべて育てるよりははるかに楽です。
足りない場合は帯や靴の伝説神器を数レベルあげるだけでも耐久力は結構上がります。
主将専属武器があるともっと楽になりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)