放置少女 – 戦役での撃砕80%と破甲60%

Category: Game, 放置少女 | Date: 2020年11月21日 | Author: Gappuri4th |

戦役でのデバフ枠の検討のために、撃砕80%と破甲60%ではどちらの方が火力が上がるのかを検証しました。

撃砕と破甲のダメージ比較検証は防御貫通%と物理/法術防御貫通%を等しくして行われることが多いですが、物理/法術防御貫通値特化のパッシブ持ち副将でもない限り大抵は防御貫通%>物理/法術防御貫通%となっているかと思います。
そのため実用上では防御貫通%と物理/法術防御貫通%を等しくしたときよりも撃砕の効きが大きくなることが予想できます。
そこで、本記事では実際に私が戦役で使っている構成で破甲60%と撃砕80%のダメージ比較を行います。
本来は破甲80%も確かめるべきなのですが、デバフ枠をUR于禁から撃砕持ち副将に変えるかを検討するための個人的な検証という面が強いので割愛します。

戦役の構成は以下で、撃砕は応援ナタ、破甲は応援UR于禁で上杉謙信のスキル2のダメージを用いて検証を行います。

謙信と劉備は以下の通りで、謙信は攻撃力256~381万、物理会心ダメージ287%、防御貫通6036(77.4%)、物理防御貫通5700(59.3%)です。
劉備は最大攻撃346万です。

戦役ステージ166でそれぞれ54回攻撃を行ったダメージ記録から平均値、最大値、最小値を求めた結果を以下に示します。

平均ダメージ 最大ダメージ 最小ダメージ
 
破甲60% 767839216 812349632 714237952
撃砕80% 852559429 913910464 792442432

結果として、破甲60%と撃砕80%では撃砕80%の方が10%ほどダメージが高いということがわかりました。
破甲60%での最大ダメージが撃砕80%での最小ダメージとおおよそ同程度となるためかなり大きい差になります。
破甲が80%なら破甲の方が高くなりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)